顎関節症と悪い噛み合わせの関連はあるの?


顎関節症の原因として最も多いのが、噛み合わせの悪さです。
噛み合わせのバランスが崩れていると、顎に伝わる負担も増えてしまうためです。
特に左右の噛み合わせバランスが悪くなってしまうと、片方の顎にばかりダメージが蓄積してしまいます。
この状態が続くことによって、顎関節症に掛かってしまうだけではなく、症状の悪化も招いてしまうのです。
したがって、なるべく早めに悪い噛み合わせは治療しておくと良いでしょう。
もし顎関節症に掛かっていなくても、予防の意味も兼ねて噛み合わせの治療に臨んでみてください。
早めに噛み合わせを治しておくことによって、顎関節症のリスクを軽減することにも繋がります。
自分だけでは噛み合わせの状態を診断することはできませんので、なるべく専門クリニックで適切な診断を受けて状態を把握しておきましょう。
もし噛み合わせに不安があるようなら矯正治療も受けられるので、診察してくれた医師に相談してみてください。

This entry was posted in 顎関節症のカウンセリング確認ポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります